ランスのミシュラン星付レストラン3軒【2024年版】

当ページのリンクには広告が含まれています。

フランス滞在中に星付きレストランの料理を味わいたいという方もいることでしょう。

シャンパーニュ地方を代表する街・ランス(Reims)には、ミシュランガイド2024年版に掲載された星付きレストランが3軒あります。

シャンパーニュと一緒に、格式あるレストランで美味しい料理を楽しむのは、とても豊かな体験・思い出になるはずです。

ミシュランガイド2024年版に掲載された、ランスにある星付きレストラン3軒を詳しく紹介します。

目次

ランスのミシュラン3ツ星レストラン

L’Assiette Champenoise(ラシエット・シャンプノワーズ)

グラン・デスト地方圏で唯一のミシュラン3ツ星店(2014年から保持)です。

同名のホテル(5ツ星)も併設しています。

シェフは、Arnaud LALLEMENT(アルノー・ラルマン)氏。

アルノー・ラルマン氏略歴

1974年 ランス生まれ。

1975年 両親(ジャン=ピエール&コレット・ラルマン)がランスから数キロメートル離れた村にレストランを開店。

1986年 タンクーに移転、洋館を改装してホテル・レストランになる。

  • ロジェ・ヴェルジェ氏
  • ミシェル・ゲラール氏
  • アラン・シャペル氏

数々の有名シェフのもとで経験を積む。

1996年 アルノー氏(現シェフ)が父親と働くために戻る。

2001年 ミシュラン1ツ星を獲得。

2002年 父ジャン=ピエール氏逝去。アルノー氏が料理長になる。

2005年 2ツ星獲得。

2014年 3ツ星獲得&ゴー・ミヨ「年間シェフ」に選出。

Assiettes lisibles et rehaussées de sauces mémorables, beaux produits traités avec amour comme ce homard bleu “hommage à mon papa” ou ce pigeonneau fermier d’Onjon.

思い出深いソース、愛情が込められた食材であると読み取れて、さらに高められた料理。たとえば、”父へのオマージュ”オマール・ブルー(青いオマール海老)やオンジョン産鳩のパイ包みだ。

Assiette Champenoise, Le Guide MICHELIN

ランス駅から車で約7分。

タンクー(Tinqueux)というエリアにあります。

筆者

父・息子2代の歴史が詰まった、ランスに根ざしたレストラン。メニューには「父へのオマージュ」と冠した一皿も。

L’Assiette Champenoise(ラシエット・シャンプノワーズ)

40, AVENUE PAUL VAILLANT-COUTURIER 51430 TINQUEUX

\ コード入力&初回予約で25€分ポイントもらえる! /

アプリ(またはサイト)で予約時、code欄 に 82BEE77F をコピぺしてください。

ランスのミシュラン2ツ星レストラン

Le Parc Les Crayères (ル・パルク・レ・クレイエール)

Philippe MILLE(フィリップ・ミル)氏が2024年2月末退任後、Christophe MORET(クリストフ・モレ)氏が新シェフに就任しました。

クリストフ・モレ氏の略歴

オルレアン生まれ。

1990年 モナコ「Louis VX***」

1998年 パリ「Spoon」シェフ

2003年 パリ「Alain Ducasse au Plaza Athénée*** 」シェフ

2010年 パリ「Lasserre**」シェフ

2016年 パリ「l’Abeille**(Shangri-La Paris)」シェフ

2023年 パリ「l’Ambroisie***」(後継シェフとして指名されたが数ヶ月で離職)

2024年春 ランス「レ・クレイエール」シェフに就任予定

フィリップ・ミル氏は、2024年2月末にレ・クレイエールを離職、同年4月ランスでレストラン「l’Arbane(ラルバーヌ)」(旧「Pavillon CG」の施設を改装)を開店予定です。

長年スー・シェフを務めるのは、馬田秀明氏。

馬田さんに会うために、レ・クレイエールを訪れる日本人客は大勢います。

Les produits nobles sont en bonne place sur la carte (homard, langoustine, foie gras, turbot), travaillés tout en délicatesse, avec une intégration astucieuse de la matière viticole champenoise : argile, sarments, feuilles de vigne… 

(メニューには高級食材(オマール海老、ラングスティーヌ、フォワ・グラ、イシビラメ)が好位置にある。それらは、粘土、ブドウの若枝、ブドウの葉など、シャンパーニュのブドウ畑の素材を巧みに取り入れつつ、繊細に調理されている)

Le Parc Les Crayères, Le Guide MICHELIN
筆者

ランス界隈の人が「特別な記念日」に行くレストランという印象があります。なお、レ・クレイエールのシックなブラッスリー「Le Jardin(ル・ジャルダン)」は、ランスで唯一の「ビブ・グルマン」を受章しています。

Le Parc Les Crayères (ル・パルク・レ・クレイエール)

64, Boulevard Henry Vasnier 51100 Reims

\ コード入力&初回予約で25€分ポイントもらえる!/

アプリ(またはサイト)で予約時、code欄 に 82BEE77F をコピぺしてください。

Racine(ラシーヌ)

シェフは、田中 一行(たなか かずゆき)氏。

田中一行シェフ略歴

福岡県生まれ。

2006年 渡仏

  • ルーアン「Gill**」
  • ムジェーヴ「Flocons de Sel***」
  • ディジョン「DZ’envies」

など数々の名店で腕を磨く。

2015年 ランス「Racine」開店。

2016年 ゴー・ミヨ「年間最優秀若手シェフ(Jeune Talent de l’Année 2016)」に選出。

2017年 ミシュラン1ツ星を獲得。

2020年 2ツ星を獲得。

Il cisèle d’élégantes recettes créatives aux saveurs et influences multiples, et utilise avec malice herbes aromatiques, légumes, plantes, condiments… On se laisse surprendre par chaque assiette, tant par la qualité des ingrédients que par leur maîtrise technique et leur esthétique. 

(彼は、さまざまな風味と作用のあるエレガントで創造的なレシピを作成、香りのよいハーブ、野菜、植物、調味料を巧みに使う。食材の品質によって、また巧みな技術と美しさによって、我々は皿が来るたびに驚かされる)

Racine, Le Guide MICHELIN

日本人ならではというべきなのか、細かな手仕事に支えられた目にも舌にも繊細で、シャンパーニュに寄りそうような料理。

シャンパーニュ・リストは小規模生産者を中心とした構成です。

ノートルダム大聖堂の裏の公園近く、ランス駅から徒歩約18分の立地。

筆者

「ランスで一番予約が取れない店」と呼ばれて久しいレストラン。2ヶ月以上余裕を持たないと希望する日付を選べないことが多い印象です。予約はお早めに。

Racine(ラシーヌ)

6 place Godinot 51100 Reims

公式サイトから予約可能

まとめ

  • ランスには、ミシュランガイド2023年版に掲載された星付きレストランが4軒
  • 3ツ星レストラン(1軒):アシエット・シャンプノワーズ
  • 2ツ星レストラン(2軒):レ・クレイエール、ラシーヌ

ランスにある、もっと気軽なレストランやワインバーは、下の記事で詳しく紹介しています。

シャンパーニュと食事を合わせるという楽しみは、レストランだけに限ったことではありません。

年々増えつつある、シャンパーニュ生産者が提案する「シャンパーニュと食事のペアリング」体験も選択肢のひとつです。

ランスの観光情報は、下記にまとめています。

投稿のシェア、歓迎です
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次