フランスで買ったワイン・シャンパーニュを送る・持ち帰る方法

フランス旅行中に買ったワインを、どうやって日本に持ち込みますか?

筆者は、仕事で、配送手配をすることもありますし、お客さんのボトルの持ち帰り方についていろいろな事例を見てきました。

フランスで買ったワインやシャンパーニュを、

  • 日本に送る方法
  • 日本に持ち帰る方法

を、筆者の経験を交えつつ紹介します。

現地で購入したワインを持ち帰るにあたり、

  • 費用
  • 重さ
  • スペース

など、悩ましいポイントは人それぞれでしょう。

フランスを旅するワイン好きの方なら直面するであろう「フランスで買ったワインをどうやって日本に持ち帰るか問題」に向き合います。

目次

知っておきたいこと3つ

フランスで購入したワイン・シャンパーニュをどう日本に持ち込むか?という本題に入る前に、知っておいた方が良い次の3つの事柄を簡単に説明します。

  1. フランスの免税手続
  2. 日本の免税範囲
  3. ボトルの重さの目安

フランスでの免税

フランスにおいて、ワインには20%の付加価値税(TVA=Taxe sur la valeur ajoutée)が課されています。

しかし、日本人旅行者(日本在住で16歳以上、フランスの滞在期間は6ヶ月未満)がフランスで購入したワインを日本に持ち帰る場合、免税の対象となります。

ワインショップ・ワイン生産者でワインを購入する際には、「免税が可能かどうか」を確認しましょう。

「免税可能」なパターンは、次の2つです。

  • 販売者が日本にワインを送る
    • ワインは20%免税価格
  • 販売者が免税書類を作成する
    • ワインは、通常税込価格
    • 購入者は免税書類を使って、空港で免税手続を行う。
    • 帰国後、ワイン価格の12%分の払い戻しを受け取る。
筆者

シャンパーニュ地方を見る限り、免税価格でワインを日本に発送することに対応するワインショップ・ワイン生産者はそれなりいます。一方、空港の免税手続に対応した「免税書類の作成」に対応している販売者がどれだけいるかは未知数です。とはいえ、近年はEU圏外からの旅行者向け「フランスの税金払戻し」アプリも登場しています。「免税NG」と言われても、免税する方法はあります。

訪ねたワインショップ・ワイン生産者で「免税ができない」と言われても、フランスの税金の払戻し専用アプリを活用すれば、免税にすることも可能です。

日本の免税範囲

成人が日本に持ち込める酒類の免税範囲は3本(760ml/本)までです。

次の合計ボトル本数が4本以上を上回る場合は、関税を支払う必要があります。

  • 飛行機に手荷物として持ち込んだ「携帯品」のボトル
  • 海外から送る手配をした「別送品」のボトル

ワインにかかる税率は、200円/リットルです。

通常のワインボトル750mlで計算すると、免税範囲の超過分1本あたりにかかる関税は150円です。

例)旅行者1名がワイン5本(0.75L / 本)を携行して帰国した場合:

  • 3本は免税
  • 2本の関税は300円(=200円x0.75リットルx2本)
筆者

「ワインは3本までしか買えない!」と思っている方がいますが、日本での免税範囲が3本というだけです。

ボトルの重さの目安

ボトルを送るにせよ、飛行機の手荷物として持ち帰るにせよ、ワインボトルの重さは気になるところです。

荷造りをする際に、ボトルのおよその重さを知っていると便利です。

ボトル1本(750ml瓶)の重さの目安

  • スティルワイン(非発泡性ワイン。一般的な赤・白・ロゼワイン) 1,5kg
  • シャンパーニュ 1,7kg
筆者

実際のスティルワインのボトルの重さは、100g前後軽いことの方が多いはずですが、重量オーバーのリスクを避けるため「より安全」な数値を採用しました。スティルワインの標準的なボトル(ボルドー型、ブルゴーニュ型)の重さは、1,3kg前後のことが多いようです。シャンパーニュの重さ1,7kgは、筆者も業務で使用する値です。シャンパーニュ関係者の間では、一般的といえる数値です。

配送料・追加荷物料金の概要

フランスで購入したワイン・シャンパーニュを日本に持ち込む際に、主な配送・輸送手段として考えられる次の5社の費用を表にまとめました。

  • 日本へのワインの配送が可能な配送業者2社(欧州ヤマト、郵便局)
  • 日本・パリ間の直行便を運行している航空会社3社(日本航空、全日空、エールフランス)
配送業者
航空会社
料金備考
ヤマト
「ワインダイレクト」
130€12本
(パリ支店発、通常便)
郵便局73€4本
※7kg箱を購入した場合
日本航空(JAL)2万円
全日空(ANA)150€
エールフランス(Air France)150€ / 300€無料荷物1個(23kg)がある状態で荷物1個(23kg)を追加する場合は、150€。それ以外は300€。それぞれ事前予約は20%割引。
※2023年11月末時点の料金

費用だけで単純に判断できないかもしれませんが、とはいえ費用は気になるところです。

ざっくりとしたコストがわかったところで、次項からワインを送る方法と自力で持ち帰る方法を詳しく説明します。

フランスで買ったワイン・シャンパーニュを日本に【送る】

フランスで買ったワイン・シャンパーニュを日本に送る場合、配送業者は次の2つが一般的です。

  • クロネコヤマト
  • 郵便局(La Poste)
筆者

他にも配送業者はありますが、ワインショップ・ワイン生産者が日本向けに発送する際は、クロネコヤマトか郵便局の場合がほとんどです。

クロネコヤマト

フランスで買ったワインボトルを日本へ送る場合の「王道」と言って良い手段が、日本でおなじみ「クロネコヤマト」のヨーロッパ部門・欧州ヤマト運輸株式会社のサービス「ワインダイレクト」です。

梱包もしっかりしていて、早い時には帰国後数日で届くこともあり(※通常は帰国後2週間前後の受取を目安にすると良いと思います)、ワイン愛好家にはおなじみのサービスです。

下表は、ワインダイレクトで、フランスから日本まで送る場合の送料です。

欧州ヤマト「ワインダイレクト」でフランスから日本へワインを送る場合の送料(※2023年11月末時点)
欧州ヤマト運輸会社・公式サイト「ワインダイレクト」ページより(※2023年11月末時点)

パリ支店(Roissy)から送る場合は「パリ市内」の欄を見てください。

「クール便」は、日本到着後から配達まで荷物を冷蔵で取扱うサービスで、フランス国内では冷蔵輸送されません。

筆者

物価の上昇や為替の影響で、(免税されたとしても)ボトル代・送料の合計額が(日本で買う価格とあまり変わらないかも!?)ということもあります。送ることに迷ったら、「日本で入手可能なボトルかどうか」を1つの判断基準にすると良いかもしれません。

ワインダイレクト提携先からワインを購入する場合

ワインショップにせよ、ワイン生産者にせよ、ワインダイレクトと提携している場合は、話が早いです。

ワインダイレクトでワインを送る場合の、手順は次の通りです。

  • ワインダイレクト申込書に記入する(全てローマ字で記入。申込用紙には日本語で説明が書いてあります)
  • 代金を支払う
    • ワイン代金(※免税の有無を確認してください)
    • 送料(販売者からヤマト空港支店までの送料)
    • 事務手数料(シャンパーニュを購入する場合「シャンパーニュ証明書」発行手数料を請求される場合あり)
  • 申込書の控えを受け取る
  • 帰国後、ボトルが届く。ボトル受取時にワインダイレクトの送料(パリ→日本分)を支払う

ワインダイレクトの送料は、日本でボトルを受け取る際に配達員の方に支払います。例えば、ワインダイレクトの送料が130€の場合は、その時の為替で計算された130€相当の日本円を支払うことになります。配達の前には、申込書に記載したメールアドレス宛にメール連絡があるので必ずチェックしましょう。

ワインダイレクト提携店(フランス)

https://yamatoeurope.com/japanese/wine/listfrance.htm

ワインダイレクトと提携のない販売者からワインを購入する場合

地方のドメーヌ・ショップにてワインご購入の場合、ご購入先に、 弊社までの配達をご依頼下さい。不可の場合は弊社までご連絡をお願い致します。ワイン専用箱で梱包後日本のご自宅までお届けします。

欧州ヤマト運輸株式会社・公式サイト「ワインダイレクト」ページより引用

ワインダイレクトと提携のないワインショップやワイン生産者から購入したワインでも、クロネコヤマトを使って日本に送ることは可能です。

詳細は、クロネコヤマトにお問い合わせください。

郵便局(La Poste)

上の動画は、国際小包7kgを使って4本送る例を紹介した動画です。

フランスの郵便局で販売している国際小包用の箱。7kgまで詰めることができる(※価格は2023年11月末時点)。
筆者

フランスの郵便局(La Poste)からのボトルの発送は、個人的には、あまりおすすめしません。

おすすめしない理由は、主に次の3つです。

  1. 待ち時間が長いことが多い
  2. 英語は通じないと思っておいた方が良い
  3. 税関書類はネットで作成、印刷する必要がある
筆者

とはいえ、日本人のワイン愛好家の中にも、郵便局を活用している方も少なからずいます。長所・短所を天秤にかけて判断すると良いと思います。

フランスで買ったワイン・シャンパーニュを日本に【持ち帰る】

フランスで買ったワイン・シャンパーニュを、搭乗する飛行機に一緒に載せて、日本に持ち帰る方法を説明します。

大前提として、飛行機にワインボトルを持ち込む場合は、当たり前ですが「預け荷物」にする必要があることを知っておきましょう。

筆者

「当たり前でしょー!」と思うかもしれませんが、海外旅行経験のある方でも、ワイン購入初心者がやりがちなミスです。機内持込可能な液体のサイズは100mlまでと知っているにもかかわらず、シャンプー・化粧品では守っているにもかかわらず、ワイン瓶(750ml)を機内手荷物として持ち込んでしまう方がいます。残念ですが、ボトルはセキュリティで「没収」されてしまいます。気を付けてください。

せっかく購入したボトルが割れてしまっては、元も子もありませんから、「梱包方法」も気をつけたいところです。

最近は便利なグッズも増えていますから、併せて紹介します。

また、持ち帰るワインの本数が多い場合、空港までの移動方法は「車」の利用を強くおすすめします。

\ 日本語でわかりやすい! /

航空会社(追加荷物料金)

航空会社の追加荷物の料金は、「配送料・追加荷物料金の概要」の項で前述したとおりです。

この項では、料金に加えて、各社が定める「追加荷物」のルールが記載されたページリンクを貼付しましたので、必要に応じてご確認ください。

JAL(日本航空)​​

超過手荷物料金 20000円(国際線お預けのお手荷物 より)

ANA(全日空)

Air France(エールフランス)

  • 航空券に手荷物1個分が含まれている場合の追加荷物は、1個目に限り150€。
  • それ以外の追加荷物は1個につき300€。
  • オンラインで手荷物オプションを事前購入した場合、空港での料金に比べて20%以上割引(追加荷物 より)
筆者

航空会社の地上スタッフが「FRAGILE(割れ物注意)」のシールを預け荷物に貼ってくれたとしても、貨物スタッフの荷物の扱いは「かなり粗い」と感じることも多いです。せっかく持ち帰るワインが割れないよう梱包にも気を配りましょう。

ワインの梱包

フランスで購入したワインを搭乗する飛行機に乗せて日本へ持ち帰る場合、ワインの梱包をどうするかというのも、考える余地があるでしょう。

  • 他の荷物と一緒にスーツケースに詰める
  • 「ワイン専用スーツケース」に入れる
  • 「ワイン専用ダンボール」に入れる
筆者

梱包に必要な資材(プチプチなど)や、文房具は、日本から持参することをおすすめします。日本で買う方が安価ですし、高品質なことが多いです。

日本から持参すると便利な資材・文房具

  • プラスチック製の緩衝材(プチプチ)
  • ガムテープ
  • はさみ (※必ず「預け荷物」の中に入れてください)

ワイン専用スーツケース

海外旅行でボトルを購入する頻度が高い方は「ワイン専用スーツケース」の購入を検討しても良いかもしれません。

オンボード・ボトルフライヤー・プロ(12本キャスター付)

12本収納可能なワイン用キャリーバッグ。

折り畳み可能なので、行きはスーツケースの中に入れて、帰りはバッグを組み立ててボトルを入れて持ち帰ることができます。

VinGardeValise ワイントラベルスーツケース

外観は「スーツケース」そのものですが、スーツケースを開くとワインボトルの形の穴が開いた緩衝材が詰まっています。

LAZENNE(ラゼンヌ) ワイン用バッグ
YouTube “Lazenne Crash Test – Stairs” @Lazenne

ワインボトルの輸送に便利な商品を多く扱うメーカー「LAZENNE(ラゼンヌ)」のワイン用バッグ。

バッグを開けると、ボトル12本を安全に収納できる箱が入っています。

シャンパーニュ瓶(「ドン・ペリニヨン」のような少し太めのものも大丈夫です)の収納も問題ありません。

前出の動画では、階段上からバッグを落としても、ボトルが割れないことをアピールをしています。

日本では取扱いがないようなので購入を希望する方は、「ネットで購入して宿泊先に送る」といった方法で入手すると良いでしょう。

筆者

わたしのお客さん数人がこのスーツケースを使用していますが「ボトルを安全に運べる」と言っています。またシャンパーニュボトルを12本詰めても23kgで収まるのもポイント。単純なファスナーで開閉するため、「ナンバーロック式の施錠」を別途購入することをおすすめします。

ワイン専用ダンボール

ボトルごとに仕切られた「ワイン専用ダンボール」を調達してワインを持ち帰る方法もあります。

ダンボールは、たとえ折り畳んであったとしても嵩張るため、日本から持参するのはあまり現実的ではありません。

現地調達ということになりますが、箱をどこで入手するのかという問題が残ります。

筆者

そこで、わたしが知るベテランのシャンパーニュ愛好家のお客さんが使う方法を紹介しますので、よろしければ参考にしてください。

日本出発前

フランスのネット通販サイトを通じて、ワイン12本専用ダンボールを必要な数だけ、日本から注文します。

シャンパーニュで泊まる宿に予め連絡の上、注文品の受取・保管をお願いします。

フランスに到着後

宿にチェックイン。滞在中に購入したワインを、予め注文しておいたダンボールに入れ、日本から持参したガムテープで梱包します。

シャルル・ド・ゴール空港に移動

シャンパーニュの滞在が終わり、帰国の日。予約しておいたハイヤー車(VTC)に、荷物とワインが入ったダンボールを積んで、空港に移動。搭乗ゲートに近い車寄せで降車、荷物をカートに乗せて、航空会社のカウンターで荷物・ダンボールを預けます。

他の荷物と一緒に、スーツケースの中に詰める

他の荷物と一緒にワインやシャンパーニュのボトルをスーツケースに詰める場合は、次の3点に気を付けると良いでしょう。

ボトルを1本ずつ包む

ボトルを包むのは、衣服でもプチプチでもOK。

靴下やデニムの脚にボトルを通すという方もいます。

スーツケースの内壁に触れないようにする

衝撃から守るために、スーツケースの内壁に直接触れないようにボトルを詰めることも大切。

スーツケースの底に衣服を敷いてから、ボトルを配置するなど工夫しましょう。

スーツケース内でボトル同士が触れないようにする

ボトルが複数ある場合は互い違いに並べて、ボトルがぶつからないように、さらに隙間に衣服やプチプチを詰めると良いでしょう。

筆者

わたしは「シャンパーニュボトルに衣服を巻き付けて、スーツケースに詰める派」です。幸いにもボトルが割れた経験はありませんが、心配な方は、梱包グッズを使うと良いでしょう。

ワイントラベル保護バッグ

バッグは、ボトル1本を入れるのにぴったりのサイズ。

バッグの内側にプチプチのような緩衝材があり、バッグの口を閉じれば、万が一ボトルが割れたとしても、液体がスーツケース内で漏れることはありません。

「繰り返し使用可能」「使用前は平らなので場所を取らない」のも、このバッグの利点です。

空港までの交通手段

持ち帰るワインが多い場合は、

  • 荷物の量
  • 体力

と相談しつつ、空港までの交通手段を検討しましょう。

「車」移動がおすすめ

空港までの交通手段は「車」をおすすめします。

ハイヤー車を予約する際には、忘れずに「荷物の量」も伝えましょう。

乗客と荷物の数によっては、「バン」を予約する必要があります。

\ 日本語でわかりやすい! /

TGVでの移動

シャルル・ド・ゴール空港への交通手段としてTGV(高速鉄道)を検討する方もいるでしょう。

着替え・ワイン等の入った「スーツケース」や、ワインの入った「ダンボール」を持参している場合、特にTGVの荷物の規定に触れることはなさそうです。

ただし、TGVに持ち込める荷物にはサイズ(最大で幅90cm x 高さ130cm)が定められています。

重さと個数に関する制限はありません。

筆者

帰国日当日に空港へ移動する場合、TGVはあまりおすすめしません。

帰国日当日の空港移動にTGVをおすすめしない理由

  1. TGVの遅延・取消は珍しくない。飛行機に乗り遅れるリスクがある。
  2. TGVがホームに到着後、出発までの時間は意外と短い。荷物の上げ下ろしが大変なこともある。
  3. TGV車内の荷物置き場に、自分の荷物を置くスペースが見つからないこともある。
筆者

TGVにダンボールと一緒に乗車した際、荷物置き場に空きがなかったため、やむを得ず、荷物置き場の前(乗降口がある踊り場)に置きました。(1駅だけ・30分間だけの乗車なので大丈夫かな?)と思っていたのですが、「この荷物は誰のものですか!」と乗組員さんから注意を受けたことがあります。「テロ警戒・安全対策上NG」とのことでした。お気をつけください。

まとめ

  • ワインを購入する前に、日本への発送・免税の対応・免税書類の作成が可能かどうかを販売者に確認
  • 日本に持ち込めるワインの免税範囲は3本、超過分は1本につき関税150円
  • ボトル1本(750ml瓶)の重さの目安は、スティルワイン1,5kg、シャンパーニュ1,7kg
  • フランスで買ったボトルの発送は、欧州ヤマト「ワインダイレクト」が有名
  • 搭乗する飛行機にワインを預ける場合は、梱包に注意。専用グッズを使うのも良い方法
  • 梱包に必要なプチプチや文房具は、日本から持参するのがおすすめ
  • 持ち帰るワインが多い場合、空港までの移動は「車」がおすすめ
投稿のシェア、歓迎です
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次